教養の導く先に、ダーウィンの番犬はいるのか 戸田山『教養の書』

教養の書 (単行本) 作者:戸田山 和久 発売日: 2020/02/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) 戸田山和久『教養の書』筑摩書房、2020年。 教養とはなにかを定義する第1部、そのような教養を身につけることを妨げるイドラにどう対処するかを解説する第2部、最…

時計のような人体、時計のような政体 Neumann, "Machina Machinarum" #1

Hanns-Peter Neumann, "Machina Machinarum. Die Uhr als Begriff und Metapher zwischen 1450 und 1750," Early Science and Medicine 15 (2010): 122–191, here 121–133. 初期近代における時計の比喩の使用を調べた論文を読みはじめる。時計の特徴として、…

占星術と人間中心主義 Ernst, "Atomes, providence, signes célestes"

Germana Ernst, "Atomes, providence, signes célestes: le dialogue épistolaire entre Campanella et Gassendi," in Gassendi et la modernité, ed. Sylvie Taussig (Turnhout: Brepols, 2008), 61–82. カンパネッラの専門家による、ガッサンディとカンパ…

ガッサンディ vs. フラッド Cafiero, "Fludd e la polemica con Gassendi"

Luca Cafiero, "Robert Fludd e la polemica con Gassendi," Rivista Critica di Storia della Filosofia 20 (1965): 3–15. ガッサンディによるフラッド批判を扱った論文を読む。対象としているのは、ガッサンディが1630年に出版したフラッド批判書である。…

ガッサンディと占星術 Sribnai, Pierre Gassendi

Judith Sribnai, Pierre Gassendi: le voyage vers la sagesse (1592–1655) (Montréal : Les Presses de l'Université de Montréal, 2017), 196–201. ガッサンディに関する最新のモノグラフから、彼の占星術批判を扱った部分を読む。史料として、1645年の…

ガッサンディとコペルニクス説 Bloch, La philosophie de Gassendi

La philosophie de Gassendi: nominalisme, matérialisme, et métaphysique (La Haye: Nijhoff, 1971), 326-334. ガッサンディに関する基本書から、彼のコペルニクス説への対応を調べた箇所を読む。恐るべきことに、著書はガッサンディが残した文書のほぼす…

天文学に従事するガッサンディ Humbert, L'astronomie en France, ch. 4

Pierre Humbert, L'astronomie en France au dix-septième siècle (Paris: Université, 1952), 78–107. 必要があって、基本文献を10数年ぶりに読み返す。哲学者・文献学者として知られるガッサンディを、天文学者として評価するとしたら、どう評価できるかを…

顔を持たぬために歴史を書くこと 慎改『ミシェル・フーコー』

ミシェル・フーコー: 自己から脱け出すための哲学 (岩波新書 新赤版 1802) 作者: 慎改康之 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2019/10/19 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 慎改康之『ミシェル・フーコー 自己から抜け出すための哲学』岩波新書、…

アルミニウス主義者の夢 Lüthy and Spruit, "the Frisian Philosopher Henricus de Veno," #3

デ・ヴェノを理解するためにおさえておかなくてはならないもう一つの文脈は、いわゆる「ウォルスティウス事件」である。コンラッド・ウォルスティウス(フォルスティウス)は、シュタインフルトのギムナジウムの神学教授であった。1588年に設立されたシュタ…

モーセとイタリアの自然学 Lüthy and Spruit, "the Frisian Philosopher Henricus de Veno," #2

Christoph Lüthy and Leen Spruit, “The Doctrine, Life, and Roman Trial of the Frisian Philosopher Henricus de Veno (1574?–1613),” Renaissance Quarterly 56 (2003): 1112–1151. 1598年に釈放されたデ・ヴェノは、バーゼルを経由して、故郷に戻る。戻…

フラネケルからローマの監獄へ Lüthy and Spruit, "the Frisian Philosopher Henricus de Veno," #1

Christoph Lüthy and Leen Spruit, “The Doctrine, Life, and Roman Trial of the Frisian Philosopher Henricus de Veno (1574?–1613),” Renaissance Quarterly 56 (2003): 1112–1151. ダヴィド・ゴルラエウス(David Gorlaeus, 1591–1612)は、初期近代の…

自然法の二つの伝統 Saccenti, "Mysterium naturae" #1

Riccardo Saccenti, "The Ministerium Naturae: Natural Law in the Exegesis and Theological Discourse at Paris between 1160 and 1215," Journal of the History of Ideas 79 (2018): 527–45. https://muse.jhu.edu/article/707771 ペトルス・ロンバルド…

自由になるための入り口 國分功一郎『スピノザ 『エチカ』』

スピノザ『エチカ』 2018年12月 (100分 de 名著)作者: 國分功一郎出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2018/11/24メディア: ムックこの商品を含むブログ (3件) を見る 國分功一郎『スピノザ 『エチカ』』「100分 de 名著 2018年12月」NHK出版、2018年。 「…

『ピカトリクス』邦訳のわずかばかりの検証

ピカトリクス―中世星辰魔術集成作者: 大橋喜之出版社/メーカー: 八坂書房発売日: 2017/04/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 『ピカトリクス 中世星辰魔術集成』大橋喜之訳、八坂書房、2017年。 ラテン語訳からつくられた日本語訳である…

13世紀の資本論 大黒『嘘と貪欲』#2

嘘と貪欲―西欧中世の商業・商人観―作者: 大黒俊二出版社/メーカー: 名古屋大学出版会発売日: 2006/02/28メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (6件) を見る 大黒俊二『嘘と貪欲 西欧中世の商業・商人観』名古屋大学出版会、2006年、51–62ペー…

貨幣は本当に不妊なのか 大黒『嘘と貪欲』#1

嘘と貪欲―西欧中世の商業・商人観―作者: 大黒俊二出版社/メーカー: 名古屋大学出版会発売日: 2006/02/28メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (6件) を見る 大黒俊二『嘘と貪欲 西欧中世の商業・商人観』名古屋大学出版会、2006年、38–50ペー…

オッカムの正統論 将基面『ヨーロッパ政治思想の誕生』

ヨーロッパ政治思想の誕生作者: 将基面貴巳出版社/メーカー: 名古屋大学出版会発売日: 2013/08/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る 将基面貴巳『ヨーロッパ政治思想の誕生』名古屋大学出版会、2013年、187–208. 中世の政治思想についての…

激変論者を救う古典 Frans van Lunteren, "Geology and Christianity"

Frans van Lunteren, "Geology and Christianity," Isis 109 (2018): 122–26. https://www.journals.uchicago.edu/action/showCitFormats?doi=10.1086/697066(無料でダウンロード可能) ホーイカースの『自然法と神の奇跡』を振り返る論考を読む。この本は…

法廷に立つ天文学者 Rublack, The Astronomer and the Witch, ch 12, #1

The Astronomer & The Witch: Johannes Kepler's Fight for His Mother作者: Ulinka Rublack出版社/メーカー: Oxford Univ Pr発売日: 2017/12/12メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (1件) を見る Ulinka Rublack, The Astronomer and the Witch: …

年代学がつくる文芸共和国 Grafton, "Chronology, Controversy, and Community in the Republic of Letters"

Worlds Made by Words: Scholarship and Community in the Modern West作者: Anthony Grafton出版社/メーカー: Harvard University Press発売日: 2011/05/31メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (2件) を見る Anthony Grafton, "Chronology, Contr…

線香花火のような人生 村山「儚さと空しさと満たされなさと」

村山達也「儚さと空しさと満たされなさと 人生の意味と死の関係についてのごく部分的な考察」『東北哲学会年報』No. 28、2012年、1–13ページ。 人生の意味について、儚さという観点から考察した論文を読む。人生が儚く、空しいとは、どういう心情なのだろう…

会計検査院の権限の意味 瀬畑『公文書問題』

公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)作者: 瀬畑源出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/02/16メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る 瀬畑源『公文書問題 日本の「闇」の核心』集英社新書、2018年、69–79ページ。 会計検査院の果たすべき…

価値から生の意味へ 渡辺「歴史科学(歴史学)の方法論」

渡辺和典「歴史科学(歴史学)の方法論 ジンメル・西南学派・ハイデッガー」『哲学論集』第45号、2016年、53–72ページ。 http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/20170316017 19世紀後半に盛んにとりあげられた価値の哲学と、ハイ…

意味ある人生を求めて 村山「人生の意味の分析哲学」

現代思想 2017年12月臨時増刊号 総特集◎分析哲学作者: 飯田隆,伊藤邦武,野家啓一,入不二基義,青山拓央,森岡正博,加地大介,古田徹也,森田邦久,井頭昌彦,秋葉剛史,倉田剛,佐藤岳詩出版社/メーカー: 青土社発売日: 2017/11/09メディア: ムックこの商品を含むブ…

改革を刷り上げること 加藤「ルターの宗教改革」

記憶と忘却のドイツ宗教改革:語りなおす歴史 1517-2017 (MINERVA西洋史ライブラリー)作者: 踊共二出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2017/10/31メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 加藤喜之「マルティン・ルターの宗教改革 実像と虚像…

閉ざされた世界の開放性 『Nyx』第4号発売

nyx(ニュクス) 第4号作者: 山本芳久,松村良祐,土橋茂樹,坂本邦暢,松森奈津子,飯田賢穂,三重野清顕,村井則夫,山内志朗,アラスデアマッキンタイア,松元雅和,井上彰,山岡龍一,山本圭,森川輝一,乙部延剛,野邊晴陽出版社/メーカー: 堀之内出版発売日: 2017/08/20…

古代への最良の導き手 山下太郎『ラテン語を読む』

ラテン語を読む キケロ―「スキーピオーの夢」作者: 山下太郎出版社/メーカー: ベレ出版発売日: 2017/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (21件) を見る 山下太郎『ラテン語を読む キケロー「スキーピオーの夢」』ベレ出版、2017年。 日本語を使って…

理性の自律と挑戦 Paganini, "Early Modern Atheism and Renaissance Philosophy"

Gianni Paganini, "Early Modern Atheism and Renaissance Philosophy: The Play of Paratexts in Theophrastus redivivus and Pomponazzi's De immortalitate," Intellectual History Review 26 (2016): 25–31. 16世紀のピエトロ・ポンポナッツィ『霊魂不滅…

万象をうつす地球の深部へ 山田俊弘『ジオコスモスの変容』を読む

ジオコスモスの変容: デカルトからライプニッツまでの地球論 (bibliotheca hermetica叢書)作者: 山田俊弘,ヒロ・ヒライ出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2017/02/18メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 山田俊弘『ジオコスモスの変容 デカル…

18世紀、ドイツ、科学の拡張 Turner, "Prussian Universities," #4

Steven Turner, "The Prussian Universities and the Research Imperative, 1806 to 1848" (Ph.D., diss., Princeton University, 1973), 120–127. 18世紀のあいだに大学での科学教育は拡大した。医学教育は当時の人口増加と、進行中であった知見の革新にと…